ベグサイズフィットネス パーソナルトレーニング 腰痛改善 効果的なテーピング

効果的なテーピング

本日お身体チェックした方は腰の痛みが主訴でした。
腰は腰の真ん中辺りに痛み。
その他に右肘、右股関節の全面に痛みがありました。



以前にも腰痛のためお身体見させて頂いていた方で、
しばらく調子よかったもの再発してしまいました。


原因としては、、、
【テニスをプレーする時間が長すぎる】
と本人も自覚するほどテニスをしていて、
それに見合うケアが足りていなかった模様。



脳活性

チェックの結果や以前の初見から【右脳の活性】が必要と判断しました。
右半身に痛みが集中しいる際などは、同側の脳活性が必要な場合が多いです。


無意識下(不随運動)では同側の脳が同側の痛みや姿勢を制御しているからです。


ですから改善のために、右脳活性のために【左半身から刺激】を入れる。
ということが必要になります。



言い方を変えると【左半身から適切な刺激が入ってこない】から、
右脳が活性化不全】となった。
とも言えます。




左足首を捻挫したと仮定してみてください。
時間が経ち、痛みはなくなりますが適切なリハビリをせずに
可動域が減ってしまったままだとします。



其の状態で歩く、走る等したときに当然左右差があるわけですが、、、
左足首、右と比べ動かない
⬇︎
左足首の神経系が右と比べ働かない
⬇︎
右脳が左脳に比べて働かない
(左半身の随意的制御は右脳が行う)

とう構図になります。


今回のケース

左半身で動きが悪い場所をチェックしていったところ、、、
例に挙げたように足首の動きが非常に悪くなっていました。


本人としてもふくらはぎの張り感が強く
テニスプレー中もよく攣ってしまいそうになるそう。


足首のハマりが悪く
周囲の筋肉が緊張してしまっているのが一つの原因かと考えられました。


そこで行ったのが動画のテーピングです。

足首のハマりをサポートしてくれるテーピング。
一人でも巻けて、ほんの数秒で出来てしまいますので本当にお勧めです。



プラス左半身にテーピングを巻く
ということは常に皮膚に【触覚】の刺激を入れ続けていることにもなります。


左からの刺激を入れ続けることができるのでテーピングの利用はかなり良い手段かと思います。


ちなみにこのテーピングの感覚刺激は90分程度とされています。
時間が過ぎてしまったら効果ないので外してしましましょう。






左からの刺激プラス、固まってしまっていた腰部のエクササイズなどを行い
腰の痛みは改善傾向に向かいました。


ただこの方の場合、骨盤の前傾が強いので引き続きポジションを戻すためのトレーニングが必要にはなってきます。


コンディショニングコーチにチェックしてもらうことで自分のウイークポイントを知れて、
今後のケアの仕方もある程度方針を立てることができます。


パーソナルトレーニングで詳しくお身体チェック致します。
是非体験お待ちしております。


新座のフィットネス ベグサイズフィットネス

〒352-0034 埼玉県新座市野寺2-1-35
シンポウテニスリゾート内3F
TEL. 048-479-5081

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。