怪我後のエラー

肋骨をお怪我した方のチェックでエラーのあった点についてお伝えしていきます。皆様の参考になれば幸いです。

呼吸の改善で行う膝・股関節を90/90の形にして行うこの形。

足を壁について、踵を下に引くようにします。
この動きを行うとももの裏側に収縮感があるはずです。(壁でなくても、椅子の上に踵を置く形でも良いです)

今回の方はこの形でもも裏に上手に力が入りませんでした。

力を入れようとすると力みすぎてしまうし、
呼吸を継続しているといつの間にかもも裏の力が抜けてしまう。

浅い呼吸を続けすぎて、腰反り状態が続き
骨盤を後傾方向に動かすもも裏の筋肉の感覚が全くなくなってしまった模様。怪我により身体の感覚が著しく悪くなってしまったのがよくわかります。

目のチェック

目のチェックではVORという動画の動きがかなり苦手そうでした。

特に上下の動きの、エラーが大きく出ていました。
難しい斜めはもちろん出来ていませんでした。
本人もできないことに驚くくらいのエラーのでかた、、、。

また、周辺視野もかなり狭かったです。

こういった目の動きにエラーがあると
様々な場面で身体は緊張してしまいます。


この目のエラーはお怪我の前からあったのかもしれませんが
より顕著になっている印象でした。

怪我が治ったからよーし
スポーツに復帰しよう!

と思っていても上記のようなエラーは残ったままになっていることが多いです。
そして恐ろしいことに【脳】はその状態を普通と認識してしまいます。

体調が悪くなったり、怪我が年々多くなっている方はこういう積み重ねがあるのかもしれません。


そのままにぜず改善していくべきです。

定期的に詳しいチェックを受けるのがオススメ。まずはベグサイズフィットネスのパーソナルトレーニングを体験ください!




新座のフィットネス ベグサイズフィットネス

〒352-0034 埼玉県新座市野寺2-1-35
シンポウテニスリゾート内3F
TEL. 048-479-5081

新座でジムを探している。
新座で本格的なパーソナルトレーニングを受けたい。
新座でトレーニングを始めたい。
新座でダイエットしたい。
新座でキッズ、ジュニアトレーニングを探している。

そんな方は是非体験にお越しください!
あなたに合うプランがベグサイズフィットネスできっと見つかります!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。