ベグサイズフィットネス ゲーム上達 運動 脳トレ

ゲーム上達の秘訣

お客様との雑談の中で、
『ウチの子はゲームに熱中して、ご飯すら食べない』


なんてことを聞きました。
『絶対ご飯をしっかり食べてから、プレーした方がパフォーマンス上がりますよね!』


なんて会話をしていました。
なんならトイレに行くのも我慢しながらやるとか、、、。



より、ゲームが上達するにはどういうコンディショニングが必要になると思いますか?




それはなんと
【身体を動かすこと】
です。


なんだそんなことかよ、、、
と思われるかもしれませんが事実です。



【脳】を鍛えるためには
脳以外の場所を鍛える必要があります。

それはつまり
トレーニングなどによる【運動】です。





運動の指令は全て脳から出ています。
身体の動きをコントロールして、全てが上手くいくように見張ってくれています。
その機能を活発に働かすために【運動】が必要です。





研究によれば、
身体を動かしたりエクササイズしたりする方が、
記憶トレーニングやナンプレ、クロスワードパズルなどよりも
脳に効果があるそうです。


ゲーム上達を考えたとしたら、
適切な運動をして、脳をしっかり鍛えた状態で行った方が効率が良いです。




其のほうが
ゲームに必要な集中力も格段にUPしますし、
ストレス耐性能力もUPし良いことしかありません!




【運動】は最高の脳トレです。




別に重い重りをガシガシ上げる必要はありません、、、。
ウォーキングや散歩から始めるのもありです。
(人間には適応能力があるので、ある程度までいったら強度を調整していく必要はあります)

ゲームを例えに出しましたが、
仕事・趣味などの時間をパフォーマンスUPするのも同様です。

動画は身体動かす+判断を含む脳トレ種目の紹介です。


ゲームで身体を使わないでいると脳機能は低下してくと予想されます。
小さい時から、こういう要素を取り入れていくとても良いですよね。

でもよくよく考えると、、、
目で見て、それに反応する
と言うのは一般的なスポーツを行えば入っている要素ですよね。

昔と比べデジタルデバイスなどが発達しすぎて
現代人の目の機能は落ちて来ちるかもしれません。



また、公園などの遊具が私たちが子供の頃と比べると
ビックリするぐらいイケてないです。

だから、より意図的に脳トレ要素も取り入れていく必要が
あるかもしれませんね!皆様の参考になれば幸いです。



新座のフィットネス ベグサイズフィットネス

〒352-0034 埼玉県新座市野寺2-1-35
シンポウテニスリゾート内3F
TEL. 048-479-5081

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です