テニスのサーブのために

テニスのサーブの連動性を高めるには
まずは偏った姿勢ではないほうが良いということを前回お伝えしました。

ここで多くの方が勘違いされるのだ
背骨は真っ直ぐが良い!

ということです。

確かに間違いではないのですが、
前後左右自由に動くものを真っ直ぐにコントロールできる
というのが理想となります。

ですからこういう動きができることは大切です。

自在に背骨が動かせることが大切です!

画像1

正常の姿勢にあったとしても
その状態で固まってしまっていたらそれは問題です。




力を伝えるドリル

上記の様な背骨が前提として、
どんなトレーニングがテニスのサーブには有効でしょうか?

メディシンボールを叩きるける種目です。

室内で行う場合はこの様な形がオススメです。
腕だけにならず、身体全身を使うというイメージも大切になります。

外で行えるのであれば
サッカーのスローインのような形で遠くに飛ばすのが良いかもしれません。

最後のパワー系の種目を行う前に
自在に背骨が動かせる
さらにその前のフェーズとしては過度に偏った姿勢になっていない

ということが大切だと思います!

一日中パソコン作業、、、
そんな方は明らかに姿勢が悪い方向に行きますよね、、、

コンディショニングとして
週一回からだも身体を動かして、戻し作業をすることが大切です。

皆様の参考になれば幸いです。

新座のフィットネス ベグサイズフィットネス




〒352-0034 埼玉県新座市野寺2-1-35
シンポウテニスリゾート内3F
TEL. 048-479-5081

新座でジムを探している。
新座で本格的なパーソナルトレーニングを受けたい。
新座でトレーニングを始めたい。
新座でダイエットしたい。
新座でキッズ、ジュニアトレーニングを探している。

そんな方は是非体験にお越しください!
あなたに合うプランがベグサイズフィットネスできっと見つかります!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。